2013年08月06日

【アトピー性皮膚炎発症過程の一端解明】アトピーに効く温泉宿のご紹介

インターロイキン33、こいつだ〜。
メっ!

大人になると発症率が下がるアトピー。
大人になるとインターロイキン33が減ると言う事なんだろうか?


日本経済h新聞【2013/8/6 4:00】
 アトピー性皮膚炎発症過程の一端解明 兵庫医科大 から。


兵庫医科大学の山西清文主任教授は三重大学と共同で、アトピー性皮膚炎が起きる仕組みの一端を解明した。
遺伝子操作をしたマウスの実験で、皮膚の細胞に存在する特定のたんぱく質の量が増えると発症することを確かめた。
治療薬の開発などにつながるという。
研究成果は米科学アカデミー紀要(電子版)に6日掲載される。

山西主任教授らは、表皮細胞に存在する「インターロイキン33」というたんぱく質に注目。
通常のマウスに比べてこのたんぱく質を約10倍作るマウスを遺伝子操作で得た。
その結果、清潔な環境下で飼育しても、顔や耳、首などで皮膚炎の症状が出た。
発症率は100%だった。

組織を採取するなどして調べたところ、インターロイキン33の影響で白血球の一種でアトピー性皮膚炎の原因となる「好酸球」が増殖していた。
慢性の湿疹やかゆみにつながることを突き止めた。



posted by スパ17号 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

【ヒスタミン、発汗抑え皮膚を乾燥させアトピー悪化】アトピーに効く温泉宿のご紹介

こういう結果を聞くたびに、

マウスに効くから、マウスの結果がこうだから…

人間にイコールの結果になるのかという疑問。

とりあえず期待しましょう。


どうしんウェブ 北海道新聞【07/31 21:58】
 ヒスタミン、発汗抑え皮膚を乾燥 アトピー悪化に、大阪大 から。


アトピー性皮膚炎のかゆみなどの症状を引き起こす化学物質ヒスタミンが、発汗を抑えて皮膚を乾燥させるなどし、病状を悪化させることを大阪大大学院医学系研究科の室田浩之講師(皮膚科)らのチームがマウスを使って突き止め、31日発表した。
アレルギー疾患や発汗異常の診療に役立つと期待される。

汗は体温を下げるほか、病原体からの防御や肌の保湿といった重要な役割を持つ。
アトピー性皮膚炎の患者では、発汗量が通常の人の約半分になっており、チームは汗をかかないことが悪化の一因と考えた。



posted by スパ17号 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

【アトピーの症状を抑える漢方薬】アトピーに効く温泉宿のご紹介

温清飲と言う漢方が良いそうです。
これもその人の症状によるんでしょうね。
相談者への回答と言う事ですから、ご自分と同じだと言う方は

これ


リアルライブ【2013年07月13日 12時01分】
 専門医に聞け! Q&A アトピーの症状を抑える漢方薬 から。


Q
数年前からアトピー性皮膚炎で、日光に当たったり汗をかいたりすると痒みが増します。
夏が特に辛く、夜は火照ります。
お腹を中心に乾燥し、粉を吹いた湿疹が広がっていて、掻くと水っぽく血が出たりします。
漢方薬を服用したいので、アドバイスをお願いします。
(20歳・宅配便ドライバー)。

A
アトピーには自然現象、とりわけ「風・湿・熱」が関係していると考えられます。
これらが皮膚に取り付き、体の抵抗力(正気)が負けた結果、アトピーが発病するのです。
アトピーの特徴は強烈な痒みです。東洋医学では昔から、「蕁麻疹になったら風にあたるな」と言いますが、これは「風」が皮膚に取り付き、痒みを引き起こすと考えられていたからです。
風は、湿気とか熱、乾燥などの邪を伴うことが多く、「湿」もまたアトピーの原因になります。
東洋医学でいう「湿」は、外部の気温の湿気だけではありません。
体内に余分な水分が貯留・停滞していると、外界の湿と反応して症状がひどくなります。
質問の方は、夏の夜は肌が火照るとのこと。
火照る、のぼせる、喉が渇く、赤い湿疹、便秘などは「熱」、皮膚が乾燥して白く粉を吹いたようになるなどは「燥」によるものです。
多くの場合、これらが同時に邪となりますが、季節により、その人の体質や、病歴が長いか短いかによって邪の強さと症状は微妙に違ってきます。


ご相談の方は、痒みが強く、水分もしみ出るので「湿」が、皮膚は乾燥しているので「燥」がそれぞれ強いと思われます。
しかし、夏にはひどく火照るので、「熱」もあります。
アトピーの特徴的な邪がすべてあるわけです。
けれど、とりわけ熱の症状が強いようですから、熱を冷ます「温清飲」を服用するとよいでしょう。
アトピーの方は、肺の機能が弱く、皮膚や鼻、喉などに症状が出やすいのが特徴です。
汗で痒くなるとのことですが、適度な運動で肺の機能を高めて、汗をかいたらすぐ皮膚を清潔に保つようにしましょう。
また、湿疹は脾胃とも大いに関係があります。
消化機能が低下していると、余分な水分の貯留・停滞、すなわち「湿」となり、湿疹のもととなるからです。
刺激物や甘いものや油分(ナッツを含む)の摂取、冷たい水をがぶ飲みすることや、お酒やタバコも避けましょう。
まずは、症状に強く現れた邪を取り除き、楽にして、しかるのちに根本となる病を癒やして体質を改善していきます。
アトピーもまた全身の生命力や抵抗力を満たしていくことで治療が可能なのです。



posted by スパ17号 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。